久野修司が考える英語教育と将来性

久野修司は、もともと英語教師をしていた人物です。日本の英語教育を担い、世界で活躍できる人を育てようと必死になっていた彼ですが、日本の英語教育に疑問を持ち退職しています。現在は30歳のフリーターですが、彼は英語教育で何かできないかと常に模索している最中です。もともと日本の英語教育というのは、世界で見てもレベルが低いと言われています。日本人が海外で英語を使うと「何それ」って言われてしまうことも多いと言われているのが現状です。しかし、中には下手な英語でも沢山話すことによって意思疎通し、世界で活躍している人もいます。その点に着目している久野修司は、では何が本当に日本人にとって良い英語教育なのかと考えているのです。
日本人の英語力は、決して低いわけではありません。しかし、完璧に話そうとし過ぎている方が多く、それによってあまり会話できないという状況に陥っている人が大半だと久野修司は考えています。文法ばかり気にしていて、会話という点に重きを置けない人が多いと、そう彼は考えているのです。実際に日本語の会話の中でも、「私はラーメンが好きです」という人はほとんどいないでしょう。多くの人は「ラーメン好きだよ」など噛み砕いて発言することが多いです。英語教育も本来はこのように自然な会話で始めようとするところからやっていくことが必要なのです。しかし、現実問題としてそういった教育ができていないのが正直なところです。その点に疑問を持っている久野修司は、現在どうやって英語教育を伸ばしていけば良いのかを考えているのです。

日本の英語教育は、読み書きの点を考えると世界でも十分通用すると言えます。久野修司自身もそう考えていて、読み書きが得意な人は多いと考えています。しかし、問題は話す力です。言葉にして発さないと伝わらないのに、それを十分に伝えることができない方が多く、それが障壁となってコミュニケーション不足にも陥っていると考えているのです。それらのことから彼は、日本の英語教育をもっと最適化し、バランスよく教育していくことを考えています。また、日本にはカタカナ英語というのが馴染んでいて、良い意味でも悪い意味でもカタカナ発音してしまう人が多いと、久野修司は考えています。確かにパソコンやスマホなど身近なものはもちろん、カタカナで表記されているものが多いです。いわゆるカタカナは、英語を日本人好みに発音するためのものでもあるのです。しかし、これこそが落とし穴だと久野修司は考えています。
日本人が上手に英語を発音するためには、まずはカタカナの読み方を根本的に改善していくことが必要となります。そうすれば、日本の英語教育も改善していくことができると久野修司は考えています。すでに第一線を離れた彼ですが、その根本的な考え方は今でも英語教育に精通しています。誰もが話せるようになることで、日本は今後より一層グローバル社会に対応できるようになるはずだと、彼はそう確信しているのです。しかし、日本の英語教育は改善される可能性が低いため、それなら何ができるのかと彼は考えている最中です。

英語教育という点から、色々な方を参考にし、その中で彼が独自に目指す英語教育の形が生まれつつあります。それによって、今後日本人の英語力が変わっていく未来が見えるかもしれません。日本では多くの方が英語を話したいと思っている中、なかなか現実のものとはなっていません。それは、決して日本の英語教育が悪いということではなく、根本的な言語の違いにもあります。近年は英語教育に関して力を入れている面も強くなってきたからこそ、より根本的な改革が必要となると久野修司は考えています。それによって、今後日本の英語力が変わってくれば、もう世界で「日本人は英語が苦手だよね」と言われることは少なくなることでしょう。多くの方が世界で生活するためには、英語が必ずと言って良いほど必要となってきます。同じくアジアの中国や韓国の若い世代では、英語を普通に話せる人もとても多いです。日本ではそういったことはあまりないと言えるのではないでしょうか。
彼が英語教師となってから辞めるまで、常に日本人の英語力の向上を目指してきました。そして、これからも何かしらの形で英語と関わっていってくれるでしょう。高校の英語教師として活躍した彼だからこそ、その目線で何が出来るのかを考え、将来的な英語教育を担っていくのかもしれません。日本の英語力を世界が認める日も、もしかしたら間近に迫っていると言って良いのではないでしょうか。久野修司一人で日本を変えることはできないものの、一人の英語教師が教育について考えることで、世界は少しずつ身近になっていくはずです。今後、日本の英語教育は根本的なカタカナ発音を抜け出し、少し曖昧な文法でも発音するという点に力を入れていけば、ぐっと改善されるはずです。彼はそういった独自の観点から、教育を今一度見直しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビタブリッドジャパンとは?ビタブリッドジャパンは「VitabridC(ビタブリッドC)」をはじめとす…
  2. 山梨の食の安全を守っている機関がある中込直樹は、山梨県の食の安全について気になりました。調べてみたと…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る