WFC(ワールドフレンドシップコイン)の事業展開について

ワールドフレンドシップコインはICO(仮想通貨)を利用して、さまざまな事業を展開しようとしています。その一貫として進めているのがプロサッカー選手育成事業です。ここではワールドフレンドシップコインの今後の事業展開について紹介します。

仮想通貨WFC(ワールドフレンドシップコイン)のプロサッカー選手育成事業について

ワールドフレンドシップコインは2017年よりプロサッカー選手育成事業を行っています。いきなりプロサッカー選手を作るというのではなく、何年後あるいは十数年後を見据えた子ども達をサッカーに馴染ませることから始めました。その中から、それぞれの地域あるいは、国を背負って立つプロサッカー選手を育成する事業展開を始めたのです。

WFCのボランティアなどの事業展開について

WFCの主な事業としては以下のものがあります。
・ダイヤモンド:原石販売事業
・プロサッカー選手育成事業
・ボランティアのマッチング
・チャリティーオークション
・コマーシャル・スマートコントラクト

ダイヤモンド事業には出資者も多く、利益が利益を生む仮想通貨の世界ではまっとうなお金の流れと言えます。
WFCでは今後は、ボランティアやチャリティオークションに力を入れる事業展開を画策しています。合い言葉は、プロサッカー選手育成事業にも通じる、子ども達の成長と地域貢献です。それが結果的に世界平和に繋がるという理念を持っているのです。

まとめ

ダイヤモンド事業につぎ込むための資金集めと揶揄されたこともあったWFCですが、その理念はさまざまな地域貢献を行うものです。それを形にしたのがプロサッカー選手育成事業のほか、さまざまなボランティア事業、チャリティ事業ということです。今後は、ダイヤモンド事業の成功によってさらなる大きなお金の流れができることでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 天神 和食のお店を選ぶ際、食材に何を使っているかが気になるという方は、あおみやを利用してみましょう。…
  2. ■サマンサタバサとはどのような会社?サマンサタバサは、バッグやジュエリーなどのオリジナルブランドを複…
  3. 白石達也は少年時代はずっと野球をしていました。けれども社会人になってからは野球をする機会もなくなり、…
ページ上部へ戻る