ネクスト・ソリューション会社概要

ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。

気になる三宅靖(yasushi miyake)の経歴は、昭和55年3月に立教大学経済学部経営学科卒業後、4月に山一證券株式会社へ入社しました。千葉支店、福岡支店、前橋支店、本社事業法人部、本社事業法人資金運用部、本社企業第二部で営業を行い、山一證券株式会社に貢献をし、平成10年3月に退社。
その後、IT系企業での総務部長、営業部長を経て、平成17年5月からセントレード証券株式会社でコンプライアンス部長、総務人事部長、福岡支店長を歴任し、平成27年12月より現在のネクスト・ソリューション職務執行者に就任いたしました。
現在コンプライアンス担当は平成26年12月より古田耕一氏が担当、管理部長兼任。

<三宅靖氏からのメッセージ ホームページより一部抜粋>
“「超低金利時代」とは、換言すれば「運用難の時代」であります。我が国の金利(2016年6月現在)は、10年国債が史上初のマイナス金利を記録し、5年もの個人国債で0.05%、また大手都市銀行の1年定期は0.01%程度といった状況です。こうした「運用難の時代」に対応すべく、我が国個人投資家もリスク商品に投資するという行動が一般的になりつつあります。為替リスクを取ることによる外国債券や外貨預金、デリバティヴを利用した仕組債券や仕組預金、また変動商品である株式や投資信託、金融工学を駆使したヘッジファンド等への投資が拡大しつつあります。

こうした「運用難の時代」において、ネクスト・ソリューション合同会社は、投資家の皆様に新しい運用商品をご提案したいと考え、ネクスト・ソリューション匿名組合を組成することと致しました。この組合の提供する商品は、円投資で、毎月分配型なら年利6.5%、年1回分配か満期時一括分配なら年利7.5%から9.5%という高利回り金融商品でございます。このホームページに詳しい商品内容とリスクが記載されておりますので、ご熟読頂きご納得頂ければ、皆様の運用資産のポートフォリオを構成する一金融商品として、組入れをご検討頂ければ幸甚でございます。また、ご質問等ございましたら電話でもメールでも結構でございますので、ご遠慮なくお問い合せ頂ければと存じます。

ネクスト・ソリューション合同会社は、第二種金融商品取引業者として、投資家の皆様へスピーディでタイムリィなディスクロジャーに全力を尽くすと共に、コンプライアンス遵守を心掛けた経営を行っていく所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。”
とのこと。

ネクスト・ソリューション合同会社の歴史ですが、2011年1月にアドベンチャー・アンリミテッド合同会社からスタート。同年、11月に第二種金融商品取引業の登録認可を受け、翌年の2012年2月に浜松営業所開設、7月に仙台営業所開設など、徐々にエリアを広げていきました。
そして、今年2017年9月にはネクスト・ソリューション合同会社へ社名を変更し、現在にいたるというわけです。所在地は下記の通り。

東京本社:東京都中央区日本橋三丁目5番12号 ニュー八重洲ビル3階
浜松営業所:静岡県浜松市中区住吉3-16-9 フォーレスト21 402号
仙台営業所:宮城県仙台市青葉区花京院1−1−6 Ever-i仙台駅前6階

貸付ファンドの販売を事業とするネクスト・ソリューション合同会社が掲げる経営方針は、

(1)匿名組合員の満足度向上ときめ細かな対応
(2)スピーディでタイムリィなディスクローズ体制の構築
(3)コンプライアンス遵守

となっています。いずれも会社として必要不可欠かつ、重要性の高いものですね。

最近ではコンプライアンス遵守がなっていない会社が多い中ですので、ネクスト・ソリューション合同会社は真面目な会社だといえます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img2849b26140d3ba0171c046e979c6120f5d4f6188efb2.jpeg
    アヴァンスグループには多種多様なサービスを提供する企業がいくつもありますが、その中のひとつであり、ビ…
  2. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  3. img8733c3df4022a2fd7fc821504ccf86643c6bacf60b7d.jpg
    福岡市南区 整骨院「鍼灸整骨院雨青舎」は、地域の各分野における身体の専門家である歯科医院やヨガスタジ…
ページ上部へ戻る