九州本部は郷土繁栄を祈念する

阿含宗は修行をして仏陀になるための教えを広めている宗派です。他の宗派と異なる点として阿含経を経典として用いています。このような宗派は他にはありません。本当に仏陀が教えていたことを実践して、正しい道で仏陀になるための修行を行っているのです。そんな阿含宗は日本各地に道場を開いています。九州地域にもたくさんの道場が存在しており、それらをまとめるための存在として九州本部があるのです。

阿含宗の九州本部では定期的に護摩法要を行っています。たとえば公園で護摩法要が実施されることがあります。それには地元の人達も参拝します。護摩法要によって九州地域の郷土繁栄を祈念しているのです。このような活動を九州本部は重視しています。地元の人達に貢献することは阿含宗の使命であると認識しているのです。これからも地域貢献としていろいろな活動をしていくでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. つい最近までたばこを吸っていた大淵裕昭でしたが、将来のことや健康のことも考えて禁煙を決意しました。そ…
  2. できるだけ安く、でも品質が良いマイホームを建てたい。という希望は、至極当然のものですが、一般的な工務…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る