桐生市 注文住宅は“自然”体

「呼吸する家」とか「五感を刺激する家」とか言われても、お値段が手の届かないようなものではお話になりません。住まいる館が建てる家は、「小さな“高級”住宅」とも称されます。しかし、大丈夫。桐生市 注文住宅が提案する2つのプランは、いずれも税別で1000万円を切るお手頃さ。

これほど魅力的な家を造るのに、何故こんなに安く出来るのか?1つには、無駄な広告費の徹底的削減です。良い建設会社というのは、「良い仕事をする→口コミや紹介が自然と増える→会社が順調に回る」こういったサイクルが出来上がっているため、あえて必要以上の宣伝・広告をする必要がありません。

お薦め出来ない建設会社は、全く逆です。良い仕事をする自信がないため、過度に広告を仕掛けることでしか注文を獲得出来ないのです。家そのものが自然素材。営業活動も自然なサイクルです。これが、桐生市 注文住宅の姿勢です。

住まいる館
http://iron-sumai.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 阿含宗の東海本部というのは、愛知県の名古屋市に存在しています。しかし、名古屋市は政令指定都市ですし、…
  2. 私は美容師なので、職業柄一日中立ち仕事をしています。そのため、仕事終わりにはふくらはぎがむくんで足が…
  3. クラブアンティークのパンは、2002年7月、愛知県の小さな町で誕生しました。わずか15坪という小さな…
ページ上部へ戻る