桐生市 注文住宅は“自然”体

「呼吸する家」とか「五感を刺激する家」とか言われても、お値段が手の届かないようなものではお話になりません。住まいる館が建てる家は、「小さな“高級”住宅」とも称されます。しかし、大丈夫。桐生市 注文住宅が提案する2つのプランは、いずれも税別で1000万円を切るお手頃さ。

これほど魅力的な家を造るのに、何故こんなに安く出来るのか?1つには、無駄な広告費の徹底的削減です。良い建設会社というのは、「良い仕事をする→口コミや紹介が自然と増える→会社が順調に回る」こういったサイクルが出来上がっているため、あえて必要以上の宣伝・広告をする必要がありません。

お薦め出来ない建設会社は、全く逆です。良い仕事をする自信がないため、過度に広告を仕掛けることでしか注文を獲得出来ないのです。家そのものが自然素材。営業活動も自然なサイクルです。これが、桐生市 注文住宅の姿勢です。

住まいる館
http://iron-sumai.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
  2. 辛島町 美容室のRealis Fleuzeは男性のお客様も多いんです。お店は茶色の濃淡を基調とした落…
  3. 外壁の塗装、屋根の塗装、ベランダなどの防水塗装は、なるべく一気にする方がいいのですが、見積もりを取っ…
ページ上部へ戻る